ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベタベタ汗とさらさら汗の違いって?夏の汗対策

この猛暑の中、汗をかくことも多くなる…と思う一方で、中には家やオフィス、お店でもエアコン、その移動中もずっとエアコン、一時的に外に出て暑くなってもまたすぐガンガンにエアコンのきいた屋内へ。と、逆に汗をかくことが少なくなっている方もいるのではないでしょうか。汗をかくことが多い方も、そうでない方も。今回は、汗の種類とその対処法についてお話します。
ヒント
ベタベタ汗とさらさら汗の違いって?

皆さんは、汗をかいて「ベタベタして気持ち悪い…」と不快感を感じるときと、さっぱり爽快感を感じるときと2種類ありますよね。
実は汗には、「ベタベタ汗」と「さらさら汗」の2種類存在します。

「ベタベタ汗」は、ミネラル分が汗として出てしまっていることが原因です。

汗腺には、血液に含まれるミネラル分をろ過する働きがあります。が、冷房が効いた部屋で長時間過ごしているとその汗腺の働きが鈍くなり、本来、体内に残るべきミネラル分も一緒に外に出てしまうことに。汗が乾くと、肌表面に残ったミネラルが原因でベタベタとしているように感じます。

汗は、体温調節のために欠かせない大切な役割。だからこそ、汗をかいた後もさらっと感じることができるいい汗をかきたいものです。汗腺を鍛えるためにも、エアコンの温度は下げすぎないように心がけましょうね。
ヒント
汗をかいて老廃物を排出…は本当?

岩盤浴やゲルマニウム温浴、運動をした後など、汗をかいた後は身体から老廃物が出て、軽くなったようなすっきり感がありますね。
でも、実は「汗をかくこと」=「老廃物の排出」ではありません。

汗で老廃物がまったく出ないというわけではありませんが、老廃物の多くは尿や便から排出されます。

よく、リンパマッサージをしたり、運動をした後は、トイレに行きたくなりませんか?

それは、巡りが良くなった身体がいらないものを外に出そうという働きが高まった結果からの生理現象です。

汗をかいた後に感じるすっきり感は、体温が上がって代謝が良くなることでの爽快感であることのほうが多いと思います。最近では、「隠れ冷え性」や「内臓冷え性」の女性が多くなっていますが、身体を芯から温めることで結果的に老廃物が排出されやすい身体になる、ということでおすすめです。
ヒント
汗のかきっぱなしは肌に負担

汗をかくこと自体は身体や肌のためにいいことですが、大事なのは汗をかいた後の対処。かいた汗をそのまま放置しているのは肌にとってNGです。

汗に含まれた塩分が炎症やかゆみを招いたり、汗で雑菌が繁殖しやすい肌の環境になってしまいます。また、汗をそのまま放っておくと、肌がアルカリ性にかたむき、ダメージを受けやすくなります。

汗をかいた時には、タオルやハンカチできちんと押さえることが大事です。外出が多い人や汗っかきの人は、より吸水性の優れた素材を選びましょう。もちろん、ゴシゴシと顔をこすってはいけません。

特に汗がひどいときは、できることならいったん全部顔を洗ってすっきりしたい!と思いますし、できるのであればそれが一番。でも仕事中とか、現実的にはなかなか難しい…。そんなときは、以前ご紹介した乳液を使った応急処置がおすすめです。
ヒント
朝起きたら汗でびっしょり…
こんなときには

今年は猛暑というだけあって、夜も寝苦しい日が多いですね。朝起きたら汗でびっしょりということも少なくないと思います。

こんな朝はシャワーを浴びてさっぱりしてから身支度をしたい。ですが、シャワーを浴びたことで、逆に汗が噴き出してしまい、なかなかメイクができなくて困る、という人もいるのではないでしょうか。

そんな寝起きのベタベタ解消に、ホットタオルがおすすめです。首や鎖骨、わきの下、足の指の股など汗が気になる部分を拭くだけでさっぱりします。時間もかかりませんし、必要以上に体温を上げることもなく、熱めのタオルで拭くことで血行を高めつつ、拭いた後はすうっとして涼しい。忙しい朝にぴったりです。どうしても汗が引かない場合は、首の後ろを保冷剤などで冷やしてあげるのも効果的です。

また、寝るときにエアコンのタイマーを設定する場合、冷え冷えの温度で1~2時間設定するよりも、ちょっと高めの温度で明け方近くまでのタイマーを設定する方がおすすめ。タイマーが切れた後、寝苦しくてまた起きてエアコンをつける…なんてことがなくていいですよ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。