ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目のクマの本当の原因、その解消法

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)



血行不良の原因は?

「目のクマ」の原因を探すとすぐに「血行不良」「目の周りの皮膚の薄さ」であることが分かります。

ところが、なぜ「血行不良」に陥るかで正しいことを言っているネット上の相談室や医療相談などはどこにもありません。 


「血行不良」の原因は眼輪筋の動きの悪さです。(麻痺性兎眼のように)


なぜなら誰も(小児科医、皮膚科医、眼科医、美容外科医いわゆる目クマについて専門家と思っている医師を含めて)そのことに気がついてないからです。


以下少し詳しく説明します。


 眼輪筋の動きの悪い症例 YouTubeの画像ですご覧下さい。

 https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JYVfOydaUwc

ビデオに撮って詳しく見ないと眼輪筋の動きの悪さは気がつきません。

 

「血行不良」(「まぶたの血液循環不全」「まぶたの鬱血」「漢方で言う瘀血」なども同じ意味です)
 に陥る最大の原因は眼輪筋が正しく理想的に動いていないからです。

筋肉はすべて、正しく収縮や伸展を繰り返すと 、筋肉内部に巡っている毛細血管内の血液が「筋肉の圧力で静脈側に積極的に押し出され血液循環を助けます」
動きの悪い筋肉ではこの働きが正常に働かず、「静脈血の鬱血」が起きるのです。

 

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

「足腰の筋肉は第2の心臓」ということを聞いたことがありますか?

すべての筋肉は上記のような収縮と伸展を繰り返すことによって血液循環を助けているのです。

 

目の周りの眼輪筋やその他の小さな筋肉もすべて同じです。

目の周りは皮膚や皮下の結合組織が薄く皮下脂肪もほとんどありません、そのために鬱血がその他の部位より目立つのです。



睡眠不足はただ単に、「いつものクマをさらに目立たせている」火に油を注いでいるようなものなのです!  

血液が筋肉内の毛細血管に鬱血して始めのうちは「青いクマ」その後、赤血球が毛細血管から漏れ出して組織中で壊れるから、打撲後の「あざのような茶色いクマ」になり、皮下の色素沈着へと進みます、さらに濃く積もり積もると「黒いクマ」に変化するのです。

 

目が良くかゆくて充血する「アレルギー性結膜炎」で子供の時から目をこする癖があるからクマの上に「色素沈着」を起こしている、といわれていることが多いと思いますが、それも違います。

ドライアイの症状の1つに「角結膜刺激症状」があります、これをろくろく調べもせずに「子供のドライアイをアレルギー性結膜炎」と診断しているのです。

これも元々は眼輪筋の動きの悪さによる血行不良が始まりなのです。

「目をこする癖」はクマが色素沈着になる原因の1/10(十分の1)しかないのです。

 

クマの原因はいろいろある(青クマ、茶クマ、黒クマ、影クマ代表的のこの4つ解決策も別々)と云っている、有名な美容外科があります。

はっきり言って嘘です。クマの原因はすべて上記の筋肉の動きが悪いことによる血行不良です。

 

「目の周りを温める」も間違いではありません、一時的に血管が拡張しますがすぐに元に戻ります。筋トレ+温める、あくまでも「温める」はおまけです、温めるだけでは解消しません。

6才のクマです。今時の子供は6才でも、この様な濃い茶色のクマがあるのです、3才位のクマはもっと赤ぽいのです!
http://www.youtube.com/watch?v=ZuzRlfBV2Ho&feature=player_detailpage
 始まりはすべて眼輪筋の筋力低下です。


このノートのアドバイスに「3才の子供の眼輪筋に退化が来る理由は何なのだ?」というのです。私は退化とは言っていません「正しい筋肉の動きがないので(筋肉が)正常に発達していない」のです。

成長期の若者でも「筋肉は動かさないと萎縮します」骨折した足にギブスを巻いて1ヶ月歩かないとその足は見る影もなく筋肉が萎縮して細くなります。

健康であるはずの子供の顔の筋肉が現代人は元々動きが悪いのです。


口呼吸、いつも口をあんぐり開けたぽかんとしたしまりのない顔、いつも眉を引き上げて目を 見開いている様な顔つき、テレビに見入っている顔を横で見るとまばたきをしないでジーと 熱中している、生まれつき全身の筋肉が弱いのです。

単にそれが「顔の筋肉にも出ている」のです。


全身の筋力未発達の部分症です。 


※しかし、ヒトという生物は現在でも進化しています。進化論でいうと進化と云うことは、「退化」も進化の1つなのです。現代人は耳を動かすことは出来ません、進化することで耳を動かす必要性が無くなりそのための筋肉が退化しているのです。


解決策「眼輪筋の筋トレ」以外根治療法はないのです。

 

目のたるみ、上瞼の垂れ下がり、目の下のシワ、ドライアイすべてが同じ原因です。


ただし、即効性はありませんよ、毎日、地道に努力して何ヶ月かするといつの間にか徐々に徐々に良くなるのです。

 

皮膚の色素沈着は通販や化粧品メーカーが売り出している「ハイドロキノンやビタミンCクリーム」の配合されたものを使い、薄くなるのを待ちましょう。

色素沈着は簡単には消えません。長い時間が必要です。

 

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

一気にレーザーなどで色素沈着を解消しても中からにじみ出る赤血球の色素は再び皮膚に出て来ますよ。


※この「眼輪筋の筋トレ」で治るのはあくまでも全身の循環不全のない人についてです。

例えば「心室中隔欠損」「大動脈弁閉鎖不全」「肺高血圧症」その他心臓の弁膜の病気や血行不全の起きる諸々も基礎疾患がある場合は此処に書いてある「筋トレ」では治りません。

これらの病気のある方はクマだけではなく「唇やその他顔全体が鬱血したような色調」になります。(あまりにも当然のことだと思っていちいち書かなかったのですが・・・・・)


>

 

 










クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。