ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大学生必見!年収・生涯賃金の高い会社は一体どこなのか?

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
大学生の時、何を基準に就職したい会社を決めるかは難題です。なぜなら、社会人経験が無いのに、業種や職務を聞いても分からないからです。
 まだ、一生涯の仕事を、仕事をしたことが無い立場で選ぶことは難しいです。

 では、何を基準に就職先を決める出来か?ですが、 下世話な話になりますが、給与は大きな要素となります。そこで知っておきたいのは、どの会社、どの業界に勤めれば、どのくらいの給与をもらえるのかです。
 先輩の話を聞いたりすればある程度は予測できますが、なかなか実額は教えてくれないものです。
 公式に発表されているものは、会社案内や四季報から抜粋したもので、当てになりません。例えば、以下は平均年収のランキングです。 クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)


■【2011年】平均年収 1位~ 100位
http://annualincome.seesaa.net/article/201267456.html?1305715517
順位 企業名 平均年収 従業員数 年齢 勤続年数 
1位 住友商事 1322万 5100人 42.4歳 18年
2位 朝日放送 1319万 641人 40.9歳 17.2年
3位 三井住友フィナンシャルグループ 1294万 183人 40.8歳 17.5年
4位 東京海上ホールディングス 1279万 379人 40.6歳 16.9年
5位 日本テレビ放送網 1263万 3217人 40.7歳 15.7年
6位 三井物産 1262万 6177人 42歳 18.8年
7位 伊藤忠商事 1258万 4259人 41歳 16年
8位 テレビ朝日 1213万 1153人 41.4歳 15.9年
9位 中部日本放送 1166万 344人 40.5歳 15.2年
10位 丸紅 1163万 3951人 41.8歳 17.2年
発表値は、金融機関の持株会社や勤続年数の長い会社、一般職を多い会社、少ない会社があり、実態はなかなか分かりません。では、生涯賃金ランキングはいかがでしょうか?

■【06年】 生涯賃金 1位~100位
http://annualincome.seesaa.net/article/42493519.html
企業名 生涯年収 30歳モデル 年収 平均年収 平均年齢 平均勤続年 
1 キーエンス 61532 1287 1344 31.8 8.3
2 朝日放送 57570 1001 1587 39.8 17
3 フジテレビジョン 57243 995 1574 39.7 15.4
4 スパークス・アセット・マネジメント投信 54396 1101 1528 35.3 2.9
5 プリヴェチューリッヒ企業再生グループ 53869 1127 1551 39.7 0.8
6 ダヴィンチ・アドバイザーズ 52983 1197 1389 34.6 1.7
7 日本テレビ放送網 51911 902 1431 39.8 15.4
8 パシフィックマネジメント 47479 1012 1183 33.3 1.8
9 テレビ朝日 47308 822 1365 41.3 16.5 
10 電通 45397 1026 1335 39.2 14.4
発表値は、定年退職を前提にした会社ではなく、勤続年数も短く実態に即していないデータになっております。

では、実際にはどの業界、どの会社が給与が高いのでしょうか?
実体験からの情報を掲載します。
( ちなみに、外資系で定年まで働ける環境に無い企業や業種は除いております。)

業種
1位 損害保険会社(大手は、2年目で500万円、30歳で1,000万円)
2位 商社(海外勤務になれば、20代でも1,000万円超)
3位 生命保険会社(女性を育て、切り捨てる仕事はつらい。)
4位 都市銀行(不良債権処理を経て、やっと改善)
5位 大手証券会社(中小は最悪。大手は能力次第。)
クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)


会社名
1位 東京海上日動火災株式会社()
2位 三菱商事株式会社
3位 日本生命保険相互会社 
4位 三井住友海上火災保険株式会社
5位 株式会社損保ジャパン
6~10位
三井物産、東京三菱UFJ、野村證券、キーエンス、三井住友銀行 

 どの業界、どの会社も仕事はハードです。し かし、職場の周りの同僚も忙しいので、忙しいことが当たり前となり、自然と仕事をこなせるように成長していきます。
 それならば、給与の高い会社で頑張って働き、30歳で1千万以上の報酬を受取り、裕福な家庭を築き、大きな成果を出すのが楽しみになるのではないでしょうか?
 最近は、所得が低いことで婚期が遅れております。しかし、上記の業種、会社は以外に早いのです。早く家庭を持ち、仕事に専念するためでもありますし、数多くの社内・社外での出会いがあるのです。

 例えば、東京海上。入社するためには相当競争力が激しく、入社した後も同期同士の出世争いが激しいです。しかし、共に成長していく文化が根付いており、自己能力の向上と共に所得も向上していくのです。早ければ28か29歳で年収は1,000万円を超えるでしょう。社内結婚も多く、女性の学歴も早慶が当たり前。ただ、労働基準監督署のチェックが入ってから、労働時間は短縮され、異常残業は軽減。家庭と仕事を両立しやすい環境に。プライベートでの時間を利用して、各種資格を取るのも必要です。
 三菱商事は、商社のため海外勤務で資源関係がエリート。早く身を固め(結婚)て海外へ生かせるため、キャビンアテンダントやアナウンサー等との合コンも多い。また社内の女性も美形が多く、20代での社内結婚、30代前に海外へ行くのがエリート。海外勤務は、日本円と現地での給与がもらえ、海外ではお手伝いさん付。地域により差が激しいため、赴任地での生活は原則社外へは話してはいけない。それほどリッチな生活とハードな仕事の毎日。英語は当然必須で、入社前にTOEIC730点以上になるよう勉強させられます。そして、中国語、スペイン語と多国語をしゃべれるよう教育されます。英語が出来れば、他は身につけやすいでしょうが。
 キーエンスは、メーカーの中では別格。東大理系だから必ず入れるような会社ではない。技術屋でもあるので、頭脳派集団。知的財産を守るためにも高給で転職する者は少ない。ITバブルが崩壊し、半導体企業が経営悪化に陥る中、少数精鋭企業は落ちることなく順調に成長して、その分従業員への還元もされてます。

 上記の会社への就職は、競争率も高く、学歴も必要なため正直難易度は高いです。ですので、同業種の中堅クラスを第一希望とし人よりは裕福な生活を目指そうと言うのも良い。
 また、先々転職をすることを前提に、外資系生命保険、損害保険に入社し、渡り歩くのもよし。損保系生命保険子会社、生保系損害保険子会社などは、給与も高く、転職組みも多く、以外に入りやすいです。
クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)


 お金がすべてではありません。しかし、無いよりはあった方が良いのは事実。さらに、暇よりは忙しくて、忙しいと感じる水準が高い方が良い。(9時まで働いて、遅いと感じるメーカーと、10時になってこれからだと思う金融機関。どちらが良いかは別として、環境で人は変わります。)

 就職難の時代ではありますが、良い就職をする際には、先を見た企業選びが重要です。大学生、頑張ってくださいね!
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。