ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【禁煙】タバコを15分で止める方法【医者・薬ヌキでね】

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

【禁煙の体験談です。効果には個人差があります(^^)】
30年以上吸い続けたタバコを止めました。特に理由があった訳ではありません。あえて言えば、値上げが理由かな。
禁煙は、もっと苦しいものかと思っていましたが、あまりにもあっさり止められたので、その体験談を書いておきます。
人それぞれ、環境、状況が違うと思いますので、これを読めば必ず止められるということではないですが、私自身、とても意思が強いとはいえない人間なのに成功してしまったので、一部でも参考にしていただければうれしいです。

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
●禁煙のコツらしき8項目●

(1)禁煙外来やら某ニコレットなどは、ナンセンスと思いましょう。
そもそもニコチンの摂取を止めるために、ニコチンを飲んだり貼ったりするっておかしいと思いませんか?
「ニコチンを少しずつ減らせば苦しくないですよー」という広告に
納得させられそうなあなたは、「禁煙は苦しそうだ」という強迫観念で、足踏みしている状態かもしれませんね。後述しますが、禁煙に禁断症状はありません。大丈夫です。
お金だって、うまくいったとしても数万円かかるはずです。
特に値上げを契機に禁煙を決意した人にとっては、大きな自己矛盾でしょう。
そんな広告に踊らされずに、とりあえず「自分が止めようと思えば止められるよ」と開き直って始めましょう。

(2)タバコとライターは、持って禁煙しましょう。
わたしはマルボロを吸っていましたが、禁煙を決意した時、エコー(安いから)を一箱買って、いつもライターとともに持ち歩いてました。
つまり「吸いたいのにタバコがないから吸えない」という苦しさに耐える自信がなかったのです。その結果、「本気で吸いたくなったら、いつでもこれを吸えばいい。禁煙じゃなく休煙でもいいじゃないか」と気楽に構えられました。意図したことではなかったのですが、自分自身で「本気で吸いたい時って、どんな時?」と考えることになり、このことが禁煙成功のキーになったと思います。
「本気で吸いたい時」については次に書きますが、禁煙一年以上経っても、まだ、「最後のエコー」は未開封のまま置いてあります。
クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
(3)タバコは15分で止められます。15分止めればいいんです。
この項が、本ノートのメインになるかと思います。
タバコを持ちながら、禁煙とは言わず、休煙を始めた私は、
まず、吸いたくなる自分の分析を始めました。
前述したように「本気で吸いたい」ってどんな時なんだろうと分析したのです。
「吸いたさの本気度」が自分自身で納得できたら、また吸おうと、これまた本気で思ってました。人生に本当にタバコが必要ならば吸えばいいと思ったのです。
さて、まず、一時間に一回、タバコを吸いたくなります。これは喫煙者さんなら誰でも同じで、もちろんヘビーな方は、もっと間隔が短いでしょう。
吸いたくなったら、時計を見て、何分くらい「吸いたい吸いたい」と感じ続けるか計ってみました。
結果は、「長くて15分」でした。(ちょっと例外的に長い時もありましたが)。
つまり、「吸いたい」なんてその程度の欲求だったのです。15分だけ、「吸いたいなー」「いや吸わないでおこう」というシンプルな戦い(笑)を
自分の中で繰り広げて、それに勝てば、16分目からは、コロッと「吸いたい」なんて忘れているのです。
しょせん、タバコの禁断症状なんて、そんなものです。
ずっとタバコを我慢しなきゃ」と思うと耐えがたいでしょうが
「15分我慢すればいいんだ」って思うと、少しは気が楽でしょう。
禁断症状という言葉を使いましたので、そのことについて、次に書きましょう。

(4)タバコに禁断症状はありません。
「大麻より依存性が高いタバコを法律で許可するのは・・」という意見が時々聞かれます。逆の言い方をするとぶっそうなことになりますので、これ以上触れませんが、タバコを止めたいと思っている人は、まず「タバコに禁断症状は無い」と信じ込んでください。
その点、法律はよく出来ていると思います。タバコが切れて小さな象の行進が見える幻覚症状が起きたとか、ニコチン中毒で人を殺したとか、聞いたことはないでしょう?
そんな犯罪が一件でも起こっていたら、とっくの昔にタバコは非合法になっています。タバコに禁断症状は無いんですよ。実は、あなたが禁煙に成功したら、「依存性もなかったんだ」と思えるでしょう。
でも、今は、「タバコを止めると禁断症状が苦しくて・・依存性高いから」という強迫観念に震えているでしょう。では、その件は次に書きましょう。
クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)


(5)15分間に表れるのは禁断症状じゃなく、もうひとりの自分。
「あ、吸いたいな」と思ってからの15分。その間は、かなり苦しい時間になると、今のあなたは想像するでしょう。実際、15分なんて短いと言いましたが、禁煙中の人間にとって、とてつもなく長い時間に感じるであろうことは、経験者としてよくわかります。
しかし、その15分に自分に起きている感覚を「禁断症状」とは思わないでください。15分で終了する禁断症状なんて、医学的にもありません。
では、その15分の間に、あなたの中で何が起こっているのか。
それは「もうひとりの自分」が現れて、あなたに何とかタバコを吸わせようとしている」のです。

(6)もうひとりの自分のアノテコノテを楽しんでしまいましょう。
もうひとりの自分は、あなたに何とかタバコを吸わせようと、アノテコノテで頑張ります。前述した「禁断症状だよー」と言うのも、もうひとりの自分の作戦です。「タバコ吸わないとイライラするぞー。仕事にならないぞー」とか、「タバコ吸わないとボーッとするぞー。運転危ないぞー」とか、いろいろ言ってきます。
あなたは、冷静に、客観的に考えてください。イライラなんてタバコ吸う吸わないに関係なくするでしょう。ボーッとだって、するはずです。タバコは関係ないのです。
これは、もうひとりの自分が、禁断症状が出ているとあなたに思わせようとしているだけです。前述したように、その程度のことを「禁断症状」とは言いません。だから、「タバコの禁断症状」と言うありもしないことを、
禁煙前から怖がるのはやめましょう。(1)に書きましたが、それがあるとすると医者や製薬会社が儲かりますから、社会的にいかにもあるように見せかけて、「もうひとりの自分」がそれに乗っかってしまっているだけなのです。
もうひとりの自分は、他にもいろいろアノテコノテで、あなたにタバコを吸わせようとしますよ。それは覚悟してください。でも、ある程度禁煙が進むと、「次は何と言って吸わせようとするのか」が楽しみになってきますよ。
それこそ人それぞれですが、間違いなく言いそうなのは。「一本くらいいいだろう」というテです。
つまり、例えば一週間吸ってない時には「今一本吸ってもいいじゃない?そのあと吸わなければ一週間に一本だよ?」と言ってくるし、一か月吸ってない時には、同じように「今一本吸ってもいいじゃない?そのあと吸わなければ一か月に一本だよ?」と言ってきます。どうですか?なかなか説得力あるでしょう?どこがおかしいかは、今から考えておいて、その時に備えてください。とにかく、敵も(我ながら)なかなかやります。

(7)タバコはまずいんですよ。お間違いなく。
もうひとりの自分の「吸わせたい作戦」のひとつに「たばこはおいしいよ。特に久々のタバコはおいしいよ」とささやく作戦があります。
この作戦は禁煙が長いほど効果的ですから、要注意ですね。
あなた自身、まず「タバコはおいしい」が勘違いだということは、今から認識しておいてくださいね。最初に吸ったとき、最初に肺に吸いこんだとき、本当においしかったですか?その時の苦々しい感覚が、「本当のタバコの味」なんです。そのあと、タバコがおいしいと思わせられたのは、
もうひとりのあなた、つまりあなたの脳が、あなたにタバコを吸わせようとごまかしてきたのです。ビールも同じですね。あんな苦い飲み物、おししくはなかったですよね。ビールは止めなくていいですけどね。

(8)「15分」はだんだん短くなり、間隔も開いてきます。
「たかだか15分」とはいえ、最初は、その15分が終わっても、1分も経たないうちに、「吸いたい」と感じたり、場合によっては、15分が延長したりして、やっぱり苦労はすると思いますが、だんだん。その15分も短くなり、「吸いたい」と思う感覚もトビトビになっていきます。そうなると、体が、タバコを思い出さなくなってきます。わたしは、タバコを止めて1年以上経ちますが、やっぱり、時々は「あ、こんな時にタバコが吸いたくなってたな」と思うことがあります。でも、「吸いたい」という感覚ではないですね。なんか、懐かしく思い出すという感じでしょうか。

(オマケ)長年吸ってる人ほど止めやすい?
わたしは30年以上、だいたい一日一箱ペースで吸い続けてました。それで簡単に止められたのは自分自身でも意外でしたが、もしかしたら、年齢的に止めやすかったのかもしれません。「歳をとると長く眠れない」のと同じように、「歳をとると、多くは吸えない」となるのかもしれません。
確証はありませんが、長く吸っている人は、当然年齢もある程度いっておられるでしょうから、止めやすい、かもしれませんよ。
クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)


以上です。
長文におつきあいいただきありがとうございました。
10か条の方がきりがいいし、もう少し補足したいこともあったので、
ご要望がありそうなら、ブラッシュアップしていきますね。

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。