ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツラい口内炎を早く治す方法

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

口内炎のでき方

まずはなぜ口内炎ができるのか。
その理由を突き詰めてみましょう。
そうすれば理解も深まりますし、覚えやすいでしょうからね。
でもやっぱりそんなもんどうでもいいからさっさと教えろ!って人もいると思うので
そんな方はここはすっ飛ばしてください。
口内炎に関する予備知識だと思ってくださって結構です。


1.口内に何らかの形で傷が付いたとき

これは皆さんよくご存知かと思われます。
口の中を噛んだとき、舌を噛んだときに何もせず放置してたら
いつの間にか出来てたパターンです。
こういうときってだいたい「おもいっきり」ですよね^^;
ガリッ
っつって
ッ___!?!?
なんですよね...

これは簡単です。
その際に出来た傷口に雑菌が入り込んで悪化するためです。
まぁ要するに傷口を洗わないで放置してたら膿んじゃったZE☆
ってことですね。


2.自然発生

気が付いたら出来てたパターンです。
これは体調が悪いときやビタミン不足から発生するものです。
体調が悪いって具体的にどういうことなのよ?
って思う方もおられると思いますのでちょっと書き出してみますね。

・胃腸が弱っているとき、調子が悪いとき
・風邪をひいたとき

というのが主なのですが、基本的に免疫力が低下した際になりやすいようです。
まぁちょっと考えればあたりまえのことなんですけどね。

そう考えると生活習慣も関わってきます。
例えば寝不足、疲れが取れきってないなど。

また、口内へのストレスによってもなりやすいです。
要するに歯ブラシがかてぇとか食べるものがシゲキテキとか。



以上2つが主な発生方法です。
ではここから直し方について検討してみましょう。



口内炎の直し方 ~即効編~

さて皆さんお待ちかねの「早く治したいんだよ畜生!」って方のための方法です。
この見出しでは「出来た口内炎をさっさと治す」ためのものであり、
そのアフターケア、つまり「また出来ちまったんだけど」には対応できません。
あくまで「さっさと口内炎を治す」ことにのみ効果がある方法です。
ではいってみましょうか。


1.口内炎が出来たらすぐに対応!

ひざをすりむいたなどの外傷と同じように口内炎も口内が傷ついたら
すぐに対応することが一番です。(自然発生は除外します)

口の中を噛んだ、あるいは切った場合はすぐに口の中をすすいで
ケナログなどの口内用の軟膏を塗りましょう。
この行動は「怪我したから流水で洗って絆創膏貼った」ことと同じ意味を持ちます。

しかし口内ですから食べたり飲んだりしていれば当然軟膏は流れ落ちてしまいます。
そういうときは寝る前にもう一度塗りなおしましょう。

New!
アドバイスよりさらにひとつ治し方を紹介しておきます。
なりかけ、あるいはなってすぐの軽い症状のときに、
就寝前、某社のデンタルリンスで口をすすいで寝ると一発で治るとか。
※個人差もありますので、一発かどうかは分かりません。

2.ビタミン剤を飲む

これは先ほどの外的な方法とは異なり内的に治す方法です。
口内炎はビタミン不足によって発生しやすいです。
そのため、急ぎで摂取したい場合にビタミン剤を飲むという方法があります。

もちろん食事から摂取するのが効率がいいのですが、
サプリメントでも効果はあります。
1.に加えこの2.もやれば相乗効果が期待できますね。


3.しっかり休む

先ほどの項目でも述べましたように、免疫の低下からなる可能性もあります。
ですから1.2.に加えてしっかりと休みましょう。

特に寝不足だとか体調が悪いなどという場合はそちらを先に治すといいでしょう。
以下ゆっくり編でも書いていますが生活習慣の改善につながるとなおいいですね。


参考:口内炎に良く効く食べ物

食生活の改善とか言ってたけど何を重点的に食うといいのさ?
って方のために。

ビタミンとはいっても色々と種類があります。
その中でも口内の粘膜の炎症を抑え、直りやすくするビタミンは
『ビタミンB2』と『ビタミンC』です。
「ビタミンCってアレだろ?風邪とかになりにくくなるやつ。レモンとかに入ってんの。
でもさ、B2って何?何に含まれてんの?」
と思われる方が大半でしょう。

ビタミンB2は肌荒れや肥満予防、疲労回復に効きますが、
一番効くのは「粘膜」です。
何に含まれているのかというと、うなぎやレバー、青魚に多く含まれます。
えっ...魚とかレバー無理なんですけど...
って方は魚肉ソーセージでも摂取できますのでそちらを取るといいかと...

でもやはり取り過ぎは禁物です。
取り過ぎると余分が体外に出て行きますからね。
上にも書きましたが疲労回復にB2が消費されますので、
ストレスによって大量消費されたりします。
ですから無理のない食事計画を組みましょう。

以下参考サイトです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~okamoto/sub83.htm

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

口内炎の治し方 ~ゆっくり編~

ここでは時間をかけて「口内炎になりにくくするorゆっくり治す」方法を挙げていきます。
もしも即効編で効き目が無かった人はこちらで徐々に治していきましょう。
ではいってみましょうか。


1.口内の清潔を保つ

口内炎は口内が汚いと直りにくいです。
そのため口内のデンタルケアが口内炎撲滅の第一歩になるかもしれません。

具体的にはやはりハミガキが一番いいですが、
うがいや舌のケア、歯間ブラシなんかも有効です。
うがい・歯間ブラシはともかく舌のケアってなんなのさ?
と思う方もおられると思います。
実は舌クリーナーなんてものがあるんですね。
ハミガキ~舌ver.~だと思ってくださって結構です。
口臭が気になっている方に効果があるものですね。
「舌クリーナー」で検索すればすぐに出てきます。

また、
なんか歯に不健康に白いの付いちゃって取れないんですけど
な方は歯医者にいってキレイにしてもらいましょう。
ついでに虫歯チェックもしてもらいましょう。


2.生活習慣の見直し

直接口内に関係ないからどうでもいいや
なんて思ってる方もおられると思いますが、そんなことはないです。
そもそも病気というものはまったく違う症状のものでも思わぬところで
つながっていたりするものなのです。
その件に関しては「本○は怖い○庭の医学」を見れば分かるかと。

そういうわけでとりあえず早寝早起き、無理をしない、食事の改善を目指しましょう。
食事の改善においてはビタミンの摂取を重点的に。


3.漢方を飲む

ご存知の通り漢方は効きは非常にゆっくりですが、
ほぼ確実に効き目がある薬です。(もちろん個人差はあります)

口内炎の区分(急性、慢性など)によって飲む薬が違ったりするので、
薬局や医者に相談してみると確実だと思います。

ただし、飲み続けることで効果が上がるものですから、
年寄りくさくてやだ。なんて人はやめたほうがいいかもしれませんね。
しかし、副作用がほぼなく健康的に治せる方法のひとつです。


参考サイト

http://www5f.biglobe.ne.jp/~chino/MOUTH.html
http://dragon-ash.net/
http://www.partypoker-bonus.info/0003.html
http://www.toshou.com/006/000024.html

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。