ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰でも出来る陣痛の痛みを軽くする秘密のテクニック~コツ~

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

はじめに

 陣痛は痛い、出産は怖いと思っていらっしゃる女性が多くいるようです。
陣痛は確かに痛みを伴いますが、決して耐えられない痛みではありません。
ちょっとした工夫で痛みが去っていき、お産が楽になります。

ステップ1  気持ちをリラックスさせる腹式呼吸法

  腹式呼吸という言葉は誰もが聞いたことがあると思います。鼻から息を吸ってゆっくり口を「い」の形にしてうす~く息を吐きます。上くちびると下くちびるの間にカミソリの刃くらいに薄い物が挟まっているとイメージするといいですね。フルートを吹くときの口の形に似ているかもしれません。 
 ゆっくりと鼻で吸って、出来るだけ長く薄く息を吐いてください。呼吸するときは目を閉じて呼吸に集中してください。
 だんだん意識がリラックスして痛みが遠のいていきます。私の場合は真っ白になっていくというイメージでした。お産の時は身体には痛みがあるようだけど痛みを感じない、意識の遠くに行ってしまった感じでした。 
 この呼吸方法は自律神経訓練法で学ぶ呼吸法です。緊張をほぐすときなどに心とからだをリラックスさせるために普段からやっていたのですが、お産の時にもこんなに有効だとは想像もしていなませんでした。ぜひこれからお産をする人、緊張するタイプの人は簡単にお金もかからないでできることなので試してみてください。
最近注目されている分娩のソフロロジーにも通じるものがあると思います。



ステップ2 痛みが続くと脳内麻薬エンドルフィンが分泌される

 陣痛は継続して起きる痛みです。痛みが続くと痛みを楽にするホルモンのエンドルフィンが分泌されます。
 特にβ-エンドルフィンは脳内麻薬とも言われていてモルヒネの6.5倍の鎮痛作用があります。だから痛みはわからなくなり(個人差があります)お産が進むのです。どうか安心してくださいね。




ステップ3 赤ちゃんもがんばっているのでママもがんばってね


baby
 どうかお産を怖いとか陣痛は痛いと否定的にならないでください。
陣痛は赤ちゃんがこれから生まれるよ!とママに送っているサインです。赤ちゃんは狭い産道をゆっくり回転しながら外に出ようと自分の力で出てこようとがんばっています。ママはそれを子宮を収縮することで手伝っているのです。その痛みが陣痛なのです。
痛みには波があるのでずっと痛いというわけではありません。(だんだん感覚は短くなります)
 痛くないときは食事もできるし、トイレにも行けます。
どんなお産にしたいかは、(例えば、BGMは何にする、アロマをたく・・・etc)
産院のスタッフと何度も打ち合わせをして最高のお産になるようにプランニングするといいですね。
 陣痛がないと母性本能は育たないとある学者が言ったそうです。お産が楽だとどんどん子どもを生むだけ生んで育てないで放置するある種の動物の様になってしまうかもしれません。
  人間の母性本能は遺伝と環境の双方の影響を受けます。生まれながらに母性本能全開の女性は皆無といってもいいかもしれません。もともと持っている本能と、その方の生育歴や経験、学習によって母性本能がどんどん芽生えていくのです。
 初めて妊娠した女性が母性本能が芽生えてこない、お腹の赤ちゃんを可愛いと思えないと感じることは、ある意味当然のことかもしれません。
 陣痛という大きな出来事は、母性本能を大きく刺激する要因の一つであるといえます。
 
 陣痛は月経痛のちょっとだけひどい時みたいなものです。月経痛のある人は逆に陣痛ってこんなもん?意外と楽だったと思うかもしれません。
 もちろん無痛分娩や和痛分娩、帝王切開を否定しているわけではありません。
分娩の形態が違っていても、妊婦さんの母性に関する経験や学習を存分にしていれば母性本能は形成されますのでご安心ください。ただ、陣痛がつかないとお産が進まみにくいことは事実ですね。

 最近、児童虐待などの事例を聞くたびに、核家族化やコミュニティーの崩壊により母性を学んだり経験する機会が減ってしまったことが要因の一つかもと筆者は感じることがあります。
 子育てはひとつの家族だけで行うものではなく、社会全体の力を借りてするものです。子育てで悩んだ時は、身近な方に相談したり、助けを求めることも大切です。
 自治体に子育てを支援するシステムもありますので、どんどん活用してください。
 
 
どの妊婦さんと赤ちゃんにとってもいいお産になりますように!

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)

スポンサーサイト

| 未分類 | 14:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。