ネット・副業・バイトなどで楽にお金を稼ぐ  【随時更新】

楽して簡単に儲ける方法・得する情報などを中心に書いていくブログです。 ブックマークもよろしくお願いします。 2015 最新

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自動車税で「損」をしないために!

自動車やバイクなどを所有すると「税金」がかかりますが、その仕組みをきちんと理解されていますか?

その仕組みを知らずに「損」をすることのないよう、しっかりと覚えておけば「損」はありませんよ。

ヒント
自動車の所有にかかる税金には、車種や排気量によって「自動車税」と、「軽自動車税」の2種類の税金に区分されています。

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
この2つの「税金」はよく似ていますが、実はその性質が大きく異なります。

「自動車税」は、都道府県が管理し、一般的に「白色ナンバー」の普通自動車などが対象となっています。

一方、「軽自動車税」は、市区町村が管理し、一般的に「黄色ナンバー」の軽自動車や、二輪車などが対象となっています。

これだけでは、いったい何が得になるのかがさっぱり分からないと思います。

下のポイントをご覧ください。

ポイント
いずれの税も課税の基準日は4月1日で、その日の所有状況によってその年度の税金の納税通知書が送られてくることになっています。

「自動車税」には、月割りによる課税制度がありますが、
「軽自動車税」にはこの制度がなく、1年に1回の課税となっています。

すなわち、「軽自動車」を購入するなら4月2日以降に購入し、抹消登録するなら4月1日までにすれば税金面で一番有利ということになります。
(軽自動車における4月1日の抹消登録は、その運用に時間の概念が無いため、午前0時に車がなかったと解するようになりますが、自治体職員の認知度によっては、疑義が生じ余分な手間がかかる場合がありますので、抹消登録する際は3月中に手続きするようお勧めします)

(なお、自動車税の運用では時間の概念を有しているため、抹消登録を3月中に行う必要があります)

-----------------------------------------------------------------

では、普通自動車はどうなのでしょうか?
こちらは月割課税なので年度の中途で車を買っても、ちゃんと翌年3月までの自動車税が諸費用と一緒に請求され、車の販売店を通じて都道府県に納められています。

ですから逆に、年度の中途で、普通自動車を抹消登録したり、下取りに出した場合、翌年3月までの税金を負担する必要はありません。

クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
ポイント
普通自動車が抹消登録されれば、自動的にその情報が都道府県に伝わり、抹消登録日の翌月から3月までの自動車税が返還されますが、新たな所有者への名義変更の場合には返還されません。

普通自動車を下取りに出す場合、上記のポイントをきちんと覚えておいていただき、翌年3月分までの自動車税は返してもらうよう、業者の方に話しましょう。

ちなみに、排気量3000ccの普通自動車を7月に下取りに出した場合、8月~翌年3月までの分の自動車税は3万4000円になります。

業者によっては、請求がないことをいいことに自動車税をうやむやにしてしまうケースが実在しています。

これには、ぜひ気をつけていただき、損しないようにしましょう。



クラブペンギン(最新の洋楽の無料紹介HP)
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。